常盤平幼稚園

̈

C[W

月別アーカイブ: 2019年11月

ぞうきばやしのすもうたいかい

2019年11月21日

3歳のこどもたちが、図書館で楽しんだ絵本です。01-8254_01

(福音館書店刊)

ぞうきばやしのすもうたいかい はじまりはじまり!
いちばんはじめは、カナブンとタマムシのしょうぶ
みあって みあって のこった のこった
カナブン タマムシをおしだした!カナブンのかち!
取組み相手の組み合わせの面白さだったり、オサムシ、カメムシのおしりから出したにおいの勝負だったり、絵本を楽しんでいるつきぐみさんのこどもたちの応援の盛り上がること、盛り上がること、もう大変です。

最高潮は・・・待ってました!大物同士の勝負、クワガタとカブトムシの勝負!!応援団(つき組のこどもたち)からの大声援の中、カブトムシが太い角でクワガタを放り投げ、「カブトムシのかち!」熱狂の渦の中、すもう大会は、まだまだ続きます。

ほね

2019年11月15日

4歳のクラス うめ組さんの楽しんだ絵本です。
imageT01

(福音館書店)

「きみは、さかなをきれいにたべられるかい?」と、問われ、次のページには、大きな鯛の骨が現れます。こどもの生活の中で、一番身近な骨といえば、魚の骨ですね。「きみの体に骨がなかったら、ぐにゃぐにゃになっちゃて・・・」蛸人間のイラストを見てうめ組さんは大笑いです。
外からは見えない、人間を含めての骨の話を分かりやすく解き明かしてくれます。
いんげんの骨格は、たくさんの骨が組み合わさっていて、関節という部分を使って、いろいろな動きができること。さらに、にんげんのからだのとても、大切な脳や、肺や心臓も守護ってくれていることも知るのです。

大切な骨、骨への認識と愛着をより深めたことでしょう。

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.