常盤平幼稚園

̈

C[W

月別アーカイブ: 2020年4月

たからげた

2020年04月20日

こどものむらが終わった二月末 つきぐみさんとよんだ一冊

takarageta

「たからげた」
仲倉眉子 再話 梶山俊夫 絵
2000年12月 福音館書店(こどものとも年少版)

昔、あるところに貧しいおっかさんとむすこがいて病気になったおっかさんの薬を買う金を仮にごんぞうおじに頼みに行くが、けちなおじは貸してくれない。ところが道端であったじいさんが「このげたをやろう。これをはいてころべば、ころぶたびに、こばんがでる。しかし、ころぶたびにせがひくくなるうぞ。」と一本歯の下駄をくれた。息子が早速試してみると、”ちゃりん ちゃりん”と小判が出ておっかさんは元気になった。ところがごんぞうおじがその下駄を”貸した金の代わり”と取り上げ、すってんころりと繰り返しているところへ こぞうが尋ねると、何と!!
小判の山の隅っこで小さくなったごんぞうおじが「ぴょこんぴょこん」と動いている。”もう およしよ”と止めるのもきかず、ごんぞうおじはとうとうごんぞうむしになってしまったとさ。

いつもよりざわざわ賑やかに始まった久しぶりのとしょかんで、この本を手にとり、”これはにほんのむかしばなしです”と読み始めるや、急に”シーーーン”
水を打ったような静けさの中、見慣れない音を語る絵をじーーっと見てことばを聞き入っていた子どもたち。最後に”とうとう ごんぞうむしというむしになってしまったとさ”で終わると”ぎゃははは・・・・”と大笑いが部屋中に響いた一冊でした。

ともだち

2020年04月02日

3学期、うみぐみ、そらぐみ、それぞれのとしょかんで味わった一冊。

ともだち

谷川俊太郎 文 和田誠 絵
2002.11 玉川大学出版部 刊

(ともだち)・・・ならに始まって、(ひとりでは)(どんなきもちかな)(けんか)(ともだちはともだち)(あったことがなくても)等

ともだちという言葉からイメージされるたくさんの状況を投げかけてくれる。例えば

  • ともだちってかぜがうつってもへいきだっていってくれるひと
  • ともだちがいやがることはするのはよそう
  • ひとりではとどかないせなかもともだちがいればかいてくれる
  • なかまはずれにされたらどんなきもちかな
  • けんかはしたっていい。でもひとりをたくさんでいじめるのはひきょうだ
  • ことばがつうじなくてもともだちはともだち

クラスの個性は違うけれど、それぞれいいなかまとして成長し輝いているうみぐみ、そらぐみさん。

この一文一文を”うん、そうそう”と声に出して頷き楽しんでいました。

最後の数ページは「世界の子どもたちを彷彿させる写真にどうしたら・・・と問いかけられ、子どもたちは言葉に出さなかったけれど、心に深く刻んているようでした。

ーーだれだってひとりぼっちではいきてはゆけない。ともだちってすばらしい。ーー

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.