常盤平幼稚園

今日の一冊

イメージ

あおい目のこねこ

2023年12月23日

11月の末、4歳のクラスうめぐみさんのとしょかんの一冊。

あおい目のこねこ

aoimenokonekoエゴン・マチーセンさく 瀬田貞二やく
1965年4月1日発行 1968年9月10日 第8刷 福音館書店刊

むかし青い目のげんきなねこがねずみのくにを見付けようといさんで出かけます。
行き着いた先にはお腹をすかせた5匹の黄色い目の猫たちがいて「いいねこはきいろい目だまなんだ」とのけものにします。

青い目のねこは池に映った自分に自信をもって戻ると何と!!大きな犬が木の下に陣どり、木の上で脅えた5匹の猫たちが ” おっぱらってくれ ” と叫んでいます。

突然 ” わん ” という犬のひと声で思案にくれていた青い目の猫がとびあがり、犬の背中に落ち、猫はつめをたてて犬にしがみつくや犬はかけ出し山をのぼって・・・山をくだって・・・又又のぼって、又又、くだって・・・行き着いたところは何と!!「ねずみのくに」だったのです。

きいろい目のねこたちをも案内すると「ありがとう、きみはへんてこなねこどころか、とてもすてきなねこだなあ・・・」と絶賛されるのです。めでたし、めでたし。

うみぐみさんは暑さ1.5cm程のこの絵本を手に持ったときから ” えーっそれよむの ” と驚いていましたが、1のまき、2のまきと読み進んでいく楽しさとこのストーリーの面白さにはまりにはまり、大笑いの連続。とてもとても楽しんだ一冊でした。

昔あるお母さまが ” この本、私はずーっと手離せなくて結婚する時も大事に持ってきました・・・。とおっしゃってました。

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.