常盤平幼稚園

今日の一冊

イメージ

ラチとらいおん

2019年03月14日

3歳のクラス ほしぐみさんが楽しんだ絵本です。

41mPEhct4yL._SY322_BO1,204,203,200_

(福音館書店)

小さな男の子にとって、強くなりたいという憧れは、きっと誰もが持っていることでしょう。
主人公ラチは、ひこうしになりたいのです。 “でも、よわむしのひこうしなんているでしょうか?” と言う文中の問いに、こどもたちから、即座に、「いないよー」と返ってきました。
ある日、ラチの前に、小さな赤いらいおんが現れます。
「きみもつよくなりたいなら、つよくしてやるよ!」と言って、まず、たいそうを教えます。

laci1_also

いち にっ さん!   いち にっ さん!
このたいそうをみて、ほしぐみさんは大笑い。らいおんといっしょのラチは、どんどん強くなって、犬のそばも、暗い部屋も平気です。らいおんより強くなってきました。らいおんがいつも一緒と自信いっぱいのラチは、ある日、のっぽからボールを奪い返します。らいおんがいっしょ・・・と思って、ふと気が付くと、らいおんは、ラチに手紙を残して、すでにラチのもとを去っていたのです。「ラチは、もうなにもこわがりません だから、ラチはきっとひこうしになれるでしょう」と、終わります。

この年齢にぴったりの1冊です。

 

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.