常盤平幼稚園

園の紹介

イメージ

園の歴史

昭和10年
東京都世田谷区梅ヶ丘に梅ヶ丘幼稚園を設立(創立者、故森口 清・貞子夫妻)
「書き方学校はある。綴方学校はある。されど人間学校はない。」
ペスタロッチの「人間のための人間の学校」がその理念でした。
昭和36年
常盤平団地の造成にあたり、日本住宅公団より要請を受け、
梅ヶ丘幼稚園を移転。
改名して現在地に「常盤平幼稚園」を設置。創立。
昭和47年
学校法人常盤平学園を設立。
この幼稚園も2010年に創立50年を迎え現在に至ります。

クラス担任

各クラスの担任は、2人を原則としています。

ここでは、クラスの子どもだけでなく、
どのクラスの子どもにも愛情を注ぎ、
職員みんなで見守っています。
また、4・5歳のクラスでは縦割り保育の機会もあります。

服装のこと

この園には制服がありません。
みんなが決められた同じ服装ではなく、
それぞれが各々の個性に合ったものを自分で選んで身に着ける。
それが、その子どもの感性と品位を育てると考えています。

通園風景

お弁当のこと

月・火・木の週3日はお母さまのお弁当。

創立以来、子どもの三度の食事は、そのお子さんに合った味と量で、お母様の愛情を込めて作ってあげてほしいと謳って参りました。

今でも、その信念に変わりはありませんが、近年幼稚園を選択する際に、給食を希望される方が多いことも現実です。 縁あって、五香にある「パン ド ラ・テール」というホシノ天然酵母のパン屋さんを紹介いただきましたので、2012年度より週一回の給食を取り入れました。
自然酵母にこだわり、味もよく、子どもたちからも好評でしたが、残念ながら、パン屋さんのご事情により、続けられなくなってしまい、2016年9月からは、滝不動にある「コメコメケメ」というお惣菜屋さんに、安心、安全な食材と、丁寧な調理にこだわられた、手作りのお弁当を頼んでいます。

金曜日は、自由選択でこちらのお弁当を注文することができます。

お弁当の写真 お弁当の写真

通園方法

遠方から登園する方やご事情をお持ちの方のために、
通園バスを設けておりますが、
この園では歩くことを基本に考えています。
子どもの成長にとって大切な歩く力を身につけることはもちろん、
自分の足で歩くということは「自立」につながります。
四季の移ろいを感じながら、お子さんと手をつなぎ、
一緒に歩けるのはこの時期だけです。
きっと豊かな時間が過ごせることでしょう。

バスの写真

保育のこと

2017年度より夏休み中の5日間、夏期保育を致します。主にプール保育(9:00〜11:45)

2017年度より早朝、または保育後、お仕事や緊急の場合等を配慮して、お子さまをお預かり致します。

早朝預かり 8:20〜8:50
保育後預かり 14:00〜17:00(月・火・木・金)
※7月は12:00〜14:00
Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.