常盤平幼稚園

幼稚園のブログ

イメージ

こどものむらを創る生活(12) のりもののなかま

2024年02月14日

にじいろの窓がついた雲ののりものを、あっという間に完成させると、すぐに乗り込み、幼稚園中を駆け回る姿があります。

そして、つくる生活と同時に進んでいたのが、2台目、3台目に、どんなのりものをつくるか・・・の話し合い。

「うみのなかにいけるのりもの、つくりたい!」

「さめ!」「きんぎょ!」「まぐろ!」「たい!」

「なかにわを、うみにするのは、どう?」

「『うみのがくたい』みたいな、すごくおおきいの、つくりたい!」

「やっぱり、たからさがしも、したいな・・・」

と、海の中を動くのりものがつくりたい様子・・・。

そこで、絵本『きんぎょがにげた』(五味太郎/年少版)や、

『さかなはさかな』(レオ=レオニ/谷川俊太郎・訳/好学社)、

『スイミー』(レオ=レオニ/谷川俊太郎・訳/好学社)など、

魚や海がテーマの絵本に何冊か出会いました。

そんななか、『スイミー』を読んでいたときのことー。

「やっぱり、まぐろ、おおきいな~!」

「あかいさかなとすいみーで、おおきいのりものつくるのは?」

「すいみーをさがすとか?」

「まぐろにのって、すいみーをさがすのはどう?あかいさかなは、はずれにしてさ。」

\\ いいね~! //

「あかいさかなをおおくつくらないと!」

「はずれだもんね!」

「はさみやさんしたい!」

と、絵本の力を借りて、宝探しができて、海の中を動くこともできる乗り物のかたちが見えてきました!

はさみやさんで、スイミーやあかいさかなを作ると、すぐに隠しに行き、スイミー探しが始まりました。

始めは、のりもののなかま数人で楽しんでいたのですが、ほかの仲間にも広がり、エプロンの色が混ざり合いながら、関わる姿がありました。

作ることも好きだけれど、何よりも楽しいことが好きな、のりもののなかまたち。

みんなに楽しんでもらうために、まずは自分たちが楽しむ・・・。そんな時間を大切にしていきたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ちょうちょ、つくりたい!」

「むしのでんしゃ~!」

「どうぶつがいいなぁ~」

こんな話し合いを繰り広げながら決まった3台目ののりものは、果たして、何になったのでしょうー!?

次回もお楽しみに~!

 

02月こどものむら, 全て

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.