常盤平幼稚園

幼稚園のブログ

イメージ

4歳のクラス うめぐみの生活

2022年08月15日

4月に新しい仲間を5人お迎えして、ますますにぎやかになったうめぐみさん。幼稚園中に元気あふれるうめぐみさんの姿が見られます。

お部屋では積み木や、絵本を楽しむ姿、外庭ではつきぐみさんも真似したくなるくらいダイナミックにどろんこ遊びを楽しむ姿、ひとつお兄さんお姉さんになり、嬉しそうにつきぐみさんのお世話をしに行く姿、仲間に声をかけたくて、でも恥ずかしくて・・・、少し様子を見ている姿もあります。
そんな、いろんな姿を見せてくれるこどもたち。

こんなこどもたちの、それぞれに見つけてきた楽しいことが、仲間と共に広がり、楽しい世界ができてきました。

この2ヶ月楽しんできたものを、「だいすきなおかあさんにもたのしんでもらいたい!」という想いで、お母さま方をご招待しました。

今楽しんでいることをたくさん詰め込んだ、うめぐみわくわくひろば です!

≪かみひこうき≫

初めは、男の方を中心に楽しんでいたかみひこうき。
「いかひこうきつくってみたい!」
「おりかたおしえて!」
「わかるようにいろぬろー!」
だんだん折り方を工夫するようになったり、色をぬってみたり、だるまちゃんの的や、丸、三角の輪を作って、当てたり、輪の中を通したり・・・と、遊び方が広がってきました。

IMG_5729お母さん、お父さんたちがいらした日は、大人もこどもに戻って、夢中になって遊んでいます。

 

≪だるまおとし≫

「だるまちゃんのだるまおとしがつくりたい!」
こどもたちよりも大きなだるまおとしができました。
中だけを落とすのは、なかなか難しいのですが、うまくいかなくても、崩れてくるだけで楽しかったり、転がして楽しんだり、こどもたちの手にかかれば、どんなことも楽しさに変わります。

IMG_5724

 

≪わなげ≫

絵本「だるまちゃんとかみなりちゃん」の中のだるまちゃんが遊んでる場面に、わなげをしている姿を見つけ、「これつくりたい!」と一言。
そうとなったら、勢いの止まらないこどもたち。
「かみなりちゃんのつのに、わをなげよう!」
「わは、かみなりちゃんのうきわのいろがいいなあ」
何とも愛らしい表情で、みんなの愛される存在です。


0123
「よーく、ねらって・・・」

 

≪けんけんぱ≫

初めは、地面に輪を描いて楽しんでいたけんけんぱ。
遊んでいるとすぐに消えてしまうので、こどもたちと話し合いをして、布で作ることになりました。
布をいろんないろんな色に染め、一つ一つ丁寧に三つ編みをしました。

IMG_5736両端からけんけんぱとしていき、ぶつかったところで、
「じゃんけんぽん!」
「やったー!かった!」
「つぎのかた すすんでー!」

IMG_5739「わー、はしまできたよ!」
「もうすこしだ!」

≪ふくわらい≫

「みちゃだめだよ!」
「あー、ちがうちがう!もうちょっとこっち!!」
「いわないほうがたのしいよ!」
「あはは、なにこれ~!!へんなかお~!」

初めてふくわらいをした方も多かったようで、目隠しを外したあと、できあがっただるまちゃんを見ては、顔を見合わせて、嬉しそうにしている姿がとても愛らしいです。
周りで見ていた方がこっそり位置を整えていたり、思わず、「もっとした!」「そこそこ!」と伝えていたり、できあがっただるまちゃんの表情を楽しんだり、しても楽しい、見てても楽しい遊びです。

image0

「できてきたかなぁ?」

0106(あれっ?目隠しは・・・?)

 

≪かんかんぽっくり≫

0250

「あしのうらいたーい」
「すすめないよー」
「ころびやすいから、きをつけて!!」
「あるけるようになってきた!」
「すごーい!!」
「おへやまでこれでかえる!」

すぐには上手に歩けなくて、最初はすぐに諦めてしまう方もいましたが、それでもできるようになりたくて、コツコツ練習する姿も見られるようになりました。


0252

健先生手作りの竹馬も楽しんでいます。こちらは、もっと練習が必要な遊びです。

≪びゅんびゅんごま≫

作って遊ぶもので最初に作ったのが、びゅんびゅんごまです。
みんな「つくりたい!」と、勢いよく作り始めたのですが、いざ出来上がって、回そうとしても、なかなか回らない!
回すにはコツがいります。そして、そのコツをもってしても、回るものとそうでないものができました。大きさなのか、形なのか、それとも・・・?
初めの頃は、難しくて、あきらめてしまっていた方もいましたが、絵本「びゅんびゅんごまがまわったら」(宮川ひろ作 林明子絵 童心社)に出会い、回せるようになりたいと、少しずつ頑張る方が増えてきました。
0111


0114

二人で回す 大きなびゅんびゅんごまも楽しんでいます。

ー     ー    ー     ー     ー

「できないから、やらなーい!」
「あしのうらいたい!」
「できないから、たのしくない!」

と、最初は言っていた子どもたちも、仲間がしているのを見て、「・・・やってみようかな?」と、頑張ってみるようになったり、教え合う姿もだんだん見られるようになってきました。
何度も何度も、指や足が痛くなってもやり込んだ、びゅんびゅんごまや、かんかんぽっくりー。頑張ったからこそ、できるようになった時の喜びは、何にも変えられないものなのではないでしょうか?

ボタン1つで簡単に遊べてしまう今だからこそ、自分たちの手で作ること、遊び込むこと、を大切にしたいと考えています。そして、そこには、仲間がいるからこそ楽しさが広がるのです。

一人ひとり、興味を持つ時、夢中になるものは違います。一人ひとりが、興味をもつものを見つけ、やってみたいと思うまでの時間、そして、とことん楽しむだけの時間が、ここには守られているのです。

 

 

全て, 日々の生活

5歳のクラス うみぐみの生活

2022年08月08日

幼稚園生活も3年目ー。幼稚園中で一番大きなクラスになり、水色のエプロンがまぶしいうみぐみさん。
とてもかっこよく、たのもしいこどもたちです。

そんな子どもたちが、うみぐみさんになる少し前の3月の初めのことです。
植物の “ 藍の種 ” を分けて頂きました。
藍が何かも分からないこどもたちと、みんなで種をまき、毎日、せっせと水を上げ、うみぐみになる頃には、かわいい芽を出しました。

そして、それからも、せっせと水を上げ、少しずつ藍は大きくなり、4月の終わりのある日のこと、こどもたちのこんなやり取りがありました。

image0

「あいで、そめものできるんだよ!」
「えっ!?どうやってするの?」
「・・・わすれちゃったー。」

~どうやってそめるんだろう・・・~

こどもたちの中に、こんな疑問が湧き上がりました。

すると、
「ぎゅうってしぼったらいいんじゃない?」
「こすってみようよ!」
「おみずいれたらどう?」

こどもたちのこれまでの経験から、たくさんのアイディアが出てきました。

「じゃあ、じっけんしてみよう!」
「うみぐみじっけんしつだね!」
「かんばんもつくろうよ!」

image1

こうして、うみぐみじっけんしつが始まりました。

さあ、これからこどもたちは、どんな生活を創っていくのでしょう。

その様子を、8月27日(土)入園説明会で、子どもたちと共に過ごしてきた担任のものから、写真と共に、お話しさせていただきますので、ぜひ、足を運んでいただけたら・・・と思います。
お楽しみに!

 

全て, 日々の生活

3歳のクラス つきぐみの生活

2022年07月12日

新しい生活が始まって1ヶ月が過ぎ、つきぐみのこどもたちも、少しずつ楽しいことを見つけて遊んでいる姿が見られるようになりました。
入園したばかりの頃、お部屋に響き渡っていた泣き声は、今は、笑い声と、歌声に変わっています。

外庭では、どろんこあそび
IMG_5381「はだし きもちいい!」

IMG_5417「どろをすくって・・・」

IMG_5368「まてまてー!」はだしでおいかけっこ

IMG_5364「どろんこ だいすき!!」

IMG_5365「みてみて!たかいでしょ!」

- - - - - - -

お部屋では、歌を歌ったり、積み木や折り紙で遊んだり。
今日は、外庭でごちそうをのせるためのテーブルを作っています。

みんなで、段ボールに紙を貼って、ポンポンと色を付けていると・・・。

IMG_5456「なにつくってるの?」
楽しそうな姿に、うめぐみさんが見に来ました。

IMG_5476うみぐみさんも一緒に「ぽんぽん!」

IMG_5489「いろ ついてきたね!」

- - - - - - -

お集まり

IMG_5564絵本も大好きなつきぐみさん。
「ほら、みて!」仲間と読む楽しさも、知りました。

IMG_5602「まーるくなーれ わーになーれ いちにのさん!」
みんなで、わらべうた。
仲間と手をつなぐだけで、自然と笑顔があふれます。
「たのしいね!」

毎日、楽しいことが溢れている つきぐみさんの生活です。

全て, 日々の生活

花火の夕のうたです。

2022年07月11日

花火の夕でお母さま方とうたう歌です。

♪芭蕉布
1.海の青さに 空の青
南の風に 緑葉の
芭蕉は 情けに 手を招く
常夏の国 我した島 沖縄(うちなー)
2.首里の古城の 石だたみ
昔を偲ぶ かたほとり
実れる芭蕉 熟れていた
緑葉の下 我した島 沖縄(うちなー)
3.今は昔の 首里天(しゅいてぃん)ぎゃなし
唐(トウー) つむぎ はたを織り
上納ささげた 芭蕉布
浅地紺地(あさじくんじ)の 我した島 沖縄(うちなー)

 

♪夏の夕べ
1.夏の夕ぐれ時 牧場ゆけば
辺りは一面 緑に輝いて
ラララ ララララレイ ラララ ラララ ラララ
森から小鳥の 歌が聞こえてくる
2.小鳥の歌声は 昔の日の
あの頃のことを 思い出させるのだ
ラララ ララララレイ ラララ ラララ ラララ
再び帰らぬ 若い時のことを

 

マスク生活になり、2年が過ぎました。
こどもたち、お母さま方との歌のある生活も、一変してしましました。
今も、以前のように、みんなで歌声をあわせることが難しくはありますが、花火の夕当日は、どうかお母さま方のやさしい歌声で、こどもたちを包み込んでもらえたら・・・と思います。
あたたかいひとときを、こどもたちに贈りましょう。

 

07月花火の夕, 全て

こどものむら 2 

2022年07月01日

≪のりもののなかま≫

ぱわふるで、元気いっぱいななかまが集まり、自己紹介をしてから、これからどんなことをしていきたいか、尋ねてみました。

「みんなでなにかつくって、たのしいことがしたい。」
「のりものをつくってのりたいなー。」
「きゅうきゅうしゃとか!」「パトカー!!」「ごみしゅうしゅうしゃとかどう?」
初めは、子どもたちもよく街中で見たことのあるものを伝え合っていたので、「こどものむらって、誰がつくるの?」と、投げかけてみると・・・。
「じぶんたちでつくるんだよ!」

「じゃあさ、じぶんたちでかんがえたものをつくるのはどう?」
子どもたちから出た、この言葉をきっかけに、たくさんののりものが上がりました。

「うみのがくたいのくじらみたいにおおきいものはどう?100にんくらいのれるの。」

「まわるくるまはどう?くるまもぐるぐるまわって、じぶんたちもまわってうんてんするの!」

「ふしぎななタクシーみたいに、かたちがかわるくるまは?」

「とりのくるま!そらをとべたらたのしそう。」

「じごくのそうべいの ひのくるまはどう?」

「みかんがあって・・・かわをむいたらそこがどあになってて・・・はいれるの!」「なかでみかんをたべられたらいいな~」

こちらからの一声で、子どもたちの発想が、一気に広がりました。そして、その仲間の声を聞いて、さらに想像が膨らみ、「こうしたら、どう?」と、意見を出し合う姿がありました。

そして、どんなのりものをつくりたいか?絵に描いてみると・・・。

20220311123310-0001

うめ、うみ、どちらからも ”ひのくるま” の絵を描いている方がいて、そのうみぐみの男の方が一冊の絵本を出して、ある提案をしてくれました。20220311123310-0002

 

(その本は、のりもののなかまだと分かった時から、家でどんなものを作りたいか沢山考えてきてくれたようです。)

まだうめぐみの方たちは、この絵本に出逢ったことがなかった為、その場で読んでみると、じごくでの怖い話なのに、終始、笑いの渦に包まれていたのでした!!

「いいねー!!ひのくるま つくりたい!!!」

早速一台目ののりものが決まりました!すぐにどうやってつくろうか 考え出す子どもたち。

こどものむらは こどもでつくろ (子どもの村 一番より)

これからこの仲間で創りだす生活が楽しみです。

 

 

≪げきじょうのなかま≫

「げきがすきだから!」
「わたしも!!」
「うめさんのとき こどものむらでおんがくのひろばしたのたのしかったから」
「まえはあそびのひろばしたから げきしてみたかったの!!」
「うみさんのげきみて たのしかったから」

少しの緊張とワクワクを胸に 色々な想いを持って集まった20+2名のげきじょうのなかまたち。
自己紹介をして これから このなかまで どんなげきじょうを創っていきたいか 交わし合っていた時のこと・・・

「やまなしもぎとか!」
「あー!かげしたよね!」
「こいのぼりのぼうけんしたい」
「じぶんたちでおはなしつくったよね!」
『わたし がっきした!かすたねっと!」
「がっきならうみのがくたいでいっぱいつくったよね」
「おだんごぱんしたい!!」
「いろんなげきしたいなあ・・・」

今までしてきた劇を振り返りながら あれも!これも!と伝えてくれる姿がありました。
そんな中、劇にも色々な種類があることを発見したようです。

あやつり人形劇
「こどものむらで、みんなで、はんすつくった!」

ぼう人形劇
「うみぐみのくりすます会でした、やまなしもぎのさぶろう!」

かげ絵劇
「おたんじょうかいで まま まま おなかがいたいよのげきみた!」
「ぬまのぬしもかげした!!」
tokage

ゆび人形劇
「ぼく、てぶくろみたいなのでゆびうごかすげきみたことある!」

などなど・・・

「やったことないげきしたいなあ・・・」
「いいね!!」
「ゆびにんぎょうしたい!」
「わたしも!!」
「つくりたーい!!」

そんな気持ち溢れる げきじょうさんたち。
次の日から早速 人形をつくりはじめました!!

「ちくちくぬいたい!」
「わたしもぬいたい!」
chikuchiku
「うさぎのゆびにんぎょうがいいなあ」
「うさぎかきたい!」
「わたしはくまがいい!」
顔と体を分担しながら、うみさん、うめさんが一緒にお仕事をする姿はもうすでに”なかま”そのものでした!

出来た人形をなかまのおあつまりでお見せすると・・・

「うさぎとくま つくってるんだけど もっといっぱいつくってげきつくろう?」
「いいよー!!」
「つくる!!」
usagitokuma
「わたしもにんぎょうつくりたい!」
「いまからつくる!!」
「きりんがいい!!」

ゆび人形をつくっている方のお誘いに大賛成のなかまたち。
まだまだ始まったばかりですが、
”作りたい!””こんな劇したい!”という熱意がとってもとっても光り輝いています。
どんな劇が出来上がるのか、動物たちもどんな姿で登場するのかー。
発想豊かで想い溢れるげきじょうのなかまとの生活がこれからますます楽しみです。

≪おいしいれすとらんのなかま≫

おいしいれすとらんをおねがいしてもいい?という何とも楽しそうなお誘いに大喜びで心を踊らせているつきさん。れすとらんってどんなところ?と尋ねると・・・

「おいしいものがたくさんあってたべられるんだよ」
「ぼくね、いったことある!」
「れすとらん、だいすきだよ!!」

ととっても嬉しそうにお伝えしてくれました。

「わたしたちがつくるんだよね!」
「なっとうごはんつくりたい!」
「ぼくはたまごかけごはん!!」
「おむらいす すき!」
「もう、あした れすとらんするのかな・・・?」

さっそくつくりたいものがたくさん挙がる中・・・
うみ、うめのお兄さんお姉さんたちが、伝えてくれた言葉を思い出しました。

「こどものむらは、こどもたちが、かんがえて、したいことをできるんだよ」

”こどものむらだからこそ、つくれるおいしいもの”をー

そこでつきさんみんなが食べたいものやつくってみたいものを考えてみることにしました。

翌日のことー

「わたし、ぱんをつくりたいな〜っておもってようちえんきたんだ」
とお伝えしてくれる方が。
すると周りにいた方も「ぼくもぱんつくりたいんだ」
「わたし、くるとんさんのぱん、つくりたい」
「あ!!つきのぱんはどう?」

2学期からつきさんが大好きな絵本、パンやのクルトンさん。(宮島千夏さん?/こどものとも)シリーズが何冊かあるのですが、中でもつきさんの最近のお気に入りは、クルトンさんとつきのパンです。

クルクルトントン クルクルトン
歌いながらつくるクルトンさんのパンは本当においしそうなのです。

\ \ くるとんさんのおつきさまのぱん つくろうよ!! //と大盛り上がり!!
その日のお集まりでみんなにお伝えしてみると
\ \ いいよー! //
「つくりたい!」
と大賛成!!こうしてあっという間に一品目が決まりました。

すぐにつくりたい気持ちも盛り上がり、染めものやさんをしたり、新聞紙をこねこねしてパン作りの真っ最中です!!

「おそらのくもをまぜちゃおう!!」
(絵本に出てくるつきのパンは空のくもを混ぜてふかふかに仕上げるのです・・・!)
と大張り切りでパンを作っていたある日のことー

「ねえみて!!ぱんをつくろうとおもったらあめだまできちゃった!」
「おいしそう♩」
「そういえば、○○ちゃん、あめつくりたいっていってたよ!!」
\ \ ちょっとよんでくる!! //

子どもたち同士で何やら楽しそうなやりとりが・・・!
”あめがつくりたい”と言っていた方をお呼びして聞いてみると
「これがつくりたいの」と教えてくれたのは
ケンカオニ(富安陽子 文 西巻茅子 画/こどものとも)の最後に出てくる、ほしのかけらのキャンデー。

ケンカオニもつきさんが以前から大好きな絵本のうちの一冊です。
「いろんないろでいろんなあじがするんだよ」「いいね!つくってみたい!!」
勢いそのままにつくってみて、お集まりでみんなにお見せしてみたところ・・・
「わたしもつくりたい!」「ぼくもあとでつくる」「ぼう、さがさなくちゃ!」

こうして今はあめづくりも楽しんでいるところです。
おいしいものと絵本・・・子どもたちの”大好きなもの”が繋がって、生活そのものが色鮮やかになっています。

「わあ!おいしいものできたの?」「あめ1つくーだーさいっ!」

うみさんやうめさんが様子を覗きに来ては「すごいね!」と褒めてくれたり、「おいしい!」と喜んでくれたり・・・
いろんな色のエプロンが混ざり合う姿も今まで以上に目にするようになりました。つきさんのやる気もますます満ち溢れます!!

まだまだつくりたい気持ちでいっぱいのつきさん。
次はどんなおいしいものが思い浮かぶのでしょうか・・・

02月こどものむら, 全て

輝く新緑の中で ーみんなであそんだこどもの日ー

2022年05月31日

IMG_4735待ちに待ったこどもの日。
うみぐみさんが描いたおおのぼりの「三コ(さんこ)」が、みんなを見守ってくれています。

IMG_4736外庭には、うめ組さんが描いた「だごだごごろごろ」

- - - - -

登園して、エプロンを着ると、
自分でつくったかぶとをかぶり、みんなでつくったこいのぼりを運びます。

IMG_4454「よいしょ、よいしょ」

うみ組さんの大だいこ、小だいこのリズムに合わせて、♪こいのぼりを歌い、その歌声に合わせて、こいのぼりが上がっていきます。

IMG_4463「わあー、およいだー」

こどもちたちの指揮で、歌を歌います。

IMG_4467♪きこりのうた「もりのー」「カンコン」

IMG_4501さあ、しょうぶ公園に出発です!

- - - - -

しょうぶ公園では・・・

ーかけっこー
IMG_4522
「ここまではしっておいで!」「がんばれー!」
うみぐみさんにタッチして、もどります。

 

IMG_4534母と子の絵本の時間の方たち。
お母さんと一緒に「よーい どん」

ーおかあさんといっしょにわらべうたー
IMG_4567「あずきっちょまめちょ」

IMG_4601「かごめかごめ」

IMG_4607「じーごくごーくらくー」
ひっぱりっこ!どっちが勝つかな?

ーばっかんー
IMG_4617ドラの合図で始まります。

IMG_4635「まけないぞー!」
IMG_4683「どっちもがんばれ!」

ー ー ー ー ー

お母さんたちのアーチをくぐって、帰ります。IMG_4704

大きなのぼりを掲げて・・・
IMG_4694「たのしかったー!」

新緑の美しい季節に、お母さんと一緒に楽しい一日を過ごしました。IMG_4730

05月こどもの日, 全て

新しい仲間をお迎えして

2022年04月20日

4月ー。

新しい仲間たちをたくさんお迎えして、
にぎやかな毎日を過ごしています。

入園したばかりのつきぐみさんのおへやには、
大きいクラスのお兄さんお姉さんたちが、毎日のように、
お世話をしに来てくれて、不安そうにしている方に、「だいじょうぶだよ!」と、やさしく声をかけてくれたり、エプロンのボタンを留めてくれたりしています。

一週間が過ぎた、ある日。
うみぐみうめぐみのお兄さんお姉さんたちが、つきぐみさんを招待して、歓迎会を開きました。

「たのしいことをするから、なかにわにきてね!」

IMG_4125 中庭に集まりました。

ことばあそびうたと、♬ピクニック のうたに合わせた人形劇を見せてくれました。

IMG_4136 (3)
「おかーをこーえ ゆこーよー」

「くちーぶえーふきつーつー」

 

そして・・・

IMG_4144
「こどものひ、いっしょにしよう!」

「かぶとをかぶって、みんなでたのしいことをするんだよ!」

(たのしそう!)
うれしそうに、自分たちで作ったかぶとを見せてくれ、お話してくれるお兄さん、お姉さんの姿に、つきぐみのこどもたちも、楽しい気持ちが膨らんできたようです。

- - - - - - -

こどもたちは、自分のかぶとを作るところから、こどもの日を創る生活が始まります。

幼稚園には、楽しいことがたくさんあります。
これから、一緒にたくさん見つけて過ごしましょうね!

04月新しい生活, 全て

こどもの日の歌 ♪ゆかいに歩けば

2022年04月20日

こどもたちと今、楽しんでいる歌 ♪ ゆかいに歩けば
こどもの日に、こどもたちと一緒に歌う歌です。

こどもたちは1番3番を歌いましたら、そのまま手をつないで、しょうぶ公園に繰り出していきます。
お母さま方には、手拍子と共に、1番3番と繰り返して歌っていただき、こどもたちを送り出していただけたら、と思います。

ご家庭で楽しんでいただき、当日、皆さんで歌声を合わせられたら・・・と思います。

♪ゆかいに歩けば

 

 

05月こどもの日, 全て

こどものむら 1 

2022年01月14日

冬休み前から、こどものむらの生活を楽しみにしていたうみぐみの仲間たち。3学期に入って、みんなでこどものむらのお話をしていると、つきぐみさんは、こどものむらのことを何も知らないことに気づきました。

IMG_2795

「おきゃくさんとしてきてもらおうよ!」
「ぼくたちのなかまでたいへんなときにおてつだいしてもらう?」
「じぶんたちもいろいろつくったりしたいんじゃないかな?」

「むらにいるとき、ぜったいおなかすくよね!?」
「れすとらんなら、あまいものも、しょっぱいものもあるよ!」
「れすとらんおねがいしたら、いいんじゃない?」

その頃、うめぐみさんでも、こどものむらのことを思い出して・・・
「あ!つきぐみさんにおしえてあげないと!!」
「こどものむら きてねっていう?」
「こどものむら いっしょにしよう がいいよ。」
「おいしいひろばしてもらう?」
「まえ、したよね!」
「もういっかいしたいなぁー」
「うみぐみさんにそうだんしよう!!」

すると、ちょうどうみぐみさんがきてくれたので、さっそく相談しました。
こどもたちから、つきぐみさんにお願いするのに、「れすとらん」か、「おいしいひろば」か、悩んでいると、
「ふたつをあわせて、おいしいれすとらんは、どう?」

「いいねー!!」

翌日、つきぐみさんにお伝えしに行きました.

\\\\\ こどものむら いっしょにしよう!!/////

「いいよー!!」

「こどものむらってなに?」
「なかまでわかれて、たのしいことしたり、いろいろつくったりするんだよ!」

「どこでするの?」
「ようちえんでみんなでするんだよ!」

「つきぐみさんには、おいしいれすとらんおねがいしてもいい?」
「いいよー! がんばるね!」
と、嬉しそうに引き受けてくれたつきぐみさん。

さあ、幼稚園中のみんなで創り上げていく、こどものむらが始まります。得意なこと、好きなこと、それぞれ違う仲間が集まれば、十人十色の輝きが広がることでしょう。
これから創り上げていく生活がとても楽しみです。

02月こどものむら, 全て

青空の下での運動会

2021年11月08日

前日の雨が嘘のように、お日さまが顔を出し、
秋晴れの雲一つない青空のもと、運動会が始まりました。
IMG_9857
こどもたちが描いた旗の美しいこと!
こどもたちの1か月の楽しんでいた生活がそこに映し出されているようです。

ー入場行進ー
IMG_9861
「5歳のクラス うみぐみです。」

IMG_9873「4歳のクラス うめぐみです。」

IMG_9881「3歳のクラス つきぐみです。」

―朝のうた―
IMG_9896

IMG_9908

ー朝の体操ーIMG_9904

ーページェント 『うみのがくたい』 ーIMG_9924

IMG_9931

IMG_9932

IMG_9933

IMG_9941

IMG_9943

IMG_9950

IMG_9957

IMG_9964

IMG_9973

IMG_9974

IMG_9975

IMG_9979

IMG_9981

IMG_9983

IMG_9985

IMG_9989

IMG_9994

IMG_0001

IMG_0014

IMG_0017

ーメイポールダンスー
IMG_0050

IMG_0055

IMG_0062

IMG_0066

IMG_0067

IMG_0072

ー入園前のこどもとお母さまのゲームーIMG_0079

ーマスゲームーIMG_0085

IMG_0098

IMG_0100

IMG_0107

ーおしまいの歌 『月桃』ー
IMG_0127

IMG_0132

気持ちの良い秋晴れの中、こどもたち、お母さま方、お父さま方と共に、とても楽しい1日を過ごすことができました。

想いを寄せていただき、ありがとうございました。

10月運動会, 全て

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.